泣ける 悲しい話 毎日、バス停で同じ時間に待っている女の子が気になり、声をかけてみた。

泣ける 悲しい話 毎日、バス停で同じ時間に待っている女の子が気になり、声をかけてみた。

Faceboook ページはこちらから▼▼▼
https://www.facebook.com/omowazunamida/

引用:次の日も、その次の日も女の子はバス停に書いてある時刻表を見ていた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもお願いします!

スポンサーリンク